ブログ

2016.09.30

人生のメソッド~大賀屋薬局編~

株式会社大賀薬局と株式会社グッドラックスリーは、日本初となる薬剤師ドラマ「人生のメソッド~大賀屋薬局編~」を共同制作し、KBC九州朝日放送で10月7日、14日、21日に放送するのだそうです。

このドラマは、大賀薬局の福ビル店をロケ地としているようで、社員38名が出演し、薬剤師監修の下で制作されているそうで、今後もこのような面白い企画がドンドン出てきそうですね。

この手のドラマであれば、タレントさんなどではあまり実感がわきませんし、身近な人々によってPRするというスタイルは、今後もっともっと出てきそうですね。

人生のメソッド~大賀屋薬局編~

【あらすじ】

日本全国を駆け巡る旅一座、万家。
座長が借金を抱えたため、花形を務める万家徳治朗は舞台の合間を縫ってアルバイトをすることを決意する。
幼少期から芸事しかしたことがない時代錯誤な男、万家徳治朗のアルバイトへの挑戦が始まる。
今回、万家一座の徳治朗が飛び込んだアルバイト先は、全国的に有名な薬局チェーン店、大賀屋薬局。
そこで働くことになった徳治郎は、大賀屋薬局の御曹司、清三郎に出会う。 一方、万家一座の副座長は、大賀屋薬局で働くハナと恋仲になる。
ハナの妊娠が発覚するが、子供の実の父親は清三郎であった。
大賀屋薬局で徳治朗が目撃する出来事は、万家一座が演じる古き芝居「見送る親子」そのものであった。
現実は、舞台と同じ結末を迎えるのか・・・ 今、切ない喜劇の幕が開く!

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ